2013年05月15日

水車小屋周辺水路でグンネラ・マニカタの花序が確認できます

府立植物園:グンネラ花芽.JPG
水車小屋の前を流れる水路に今年からオニブキ=グンネラ・マニカタ(Gunnera manicata Linden ex Delchev.)を3株植栽しましたが、どの株からも花序が伸び出しています。今のところ順調に生育しており、一安心です。本種はアリノトウグサ科に分類されていましたが現在ではグンネラ科に分けられています。南米原産ですが暑さに弱い植物なので、これから無事夏を越して立派な株になってくれることを期待しています。
posted by 京都府立植物園 at 09:00| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

ジャングルゾーンにコスツスを定植しました!

京都府立植物園:コスツス.jpg


観覧温室のジャングルゾーンにコスツスを植えました。
コスツスは以前ショウガ科でしたが、オオホザキアヤメ科という科名になりました。
葉が螺旋状について、おもしろい姿になります。
今回植えた中には、葉に軟毛が生えていて、
ビロード状の光沢がとても美しい種類があります。
うまく生育して、ジャングルゾーンの新しい顔となることを期待します。
posted by 京都府立植物園 at 19:14| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

シャクヤクにアリがっ!!

シャクヤクとアリとアブラムシ.JPG


ゴールデンウィークが始まりました。植物園では約150品種500株のシャクヤクが見頃を向かえようとしています。そんなシャクヤクにアリが集っているではありませんか!! でも心配ご無用です。これはシャクヤクが蜜腺という器官から出す甘〜い蜜を求めて集まってきているだけなのです。一説には、写真にも小さく写っているアブラムシなど植物にとって有害な虫から守ってもらうための役割があるのではないかとされています。
アリがとう アリ・・・笑


posted by 京都府立植物園 at 18:48| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

トイレの神様の名に由来する植物

府立植物園:ピンポンノキ(花).jpg府立植物園:ピンポンノキ(果実).jpg
 現在、鑑賞温室のジャングルゾーンでは、ピンポンノキ(アオイ科)が花を咲かせています。この植物は中国南部原産(熱帯性)の落葉高木で、高さ10〜17mになります。属名のステルクリア(Sterculia)は、ローマ神話に登場する便所の神様ステルクリウス=iSterculius)の名に由良し、ラテン語のstercusには「糞」という意味があります。本属の中には、花に悪臭があり、ハエを呼び寄せて受粉させることから、少し気の毒にも思える属名がつけられたようです。また、ピンポンといえばスポーツの卓球を思い浮かべますが、全く関係はありません。
 ピンポンノキの花は、小さいながらも法具の三鈷杵(さんこしょ)や五鈷杵(ごこしょ)のような造形的な形をしており、思わず見入ってしまいます。花の後には、鮮やかな朱紅色をした袋果をつけ、中には黒い種子が3〜5個入っています。この種子は煮たり、炒ったりして食べます。
 現在、写真(右)のように、結実はしていませんので、ご注意ください。
posted by 京都府立植物園 at 17:39| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

植物園の腐葉土作り

府立植物園:落ち葉運び.JPG 府立植物園:落ち葉踏み込み.JPG 府立植物園:鶏糞・牛糞・油粕まぜ.JPG 牛糞マルチ.JPG

園内に落ちているケヤキやクヌギの膨大な落ち葉は、バックヤードにあるコンクリートで区切ったスペースに積み上げてあります。今日はその落ち葉を用いて腐葉土作りを行いました。
まず重機で専用の貯蔵場所まで運び、積み上げて踏み込みます。そこに牛糞・鶏糞・油粕を混ぜて水をまきます。そうすることで発酵がはやまり、自然にできる腐葉土に比べると、期間は2ヶ月程まで縮まります。貯蔵場所にはいりきらなっかた落ち葉にも牛糞をかぶせておきました。





posted by 京都府立植物園 at 19:17| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四季 彩の丘でキモッコウバラが見頃を迎えています

府立植物園:キモッコウバラ満開.jpg府立植物園:キモッコウバラアップ.jpg
四季 彩の丘でキモッコウバラが見頃を迎えています。今年は春先の気温が高かったせいか約1週間早くお楽しみ頂けます。キモッコウバラRosa banksiaeはバラ科の植物で江戸時代に中国から伝わりました。モッコウバラには香りがありますが、キモッコウバラはほとんど香りません。バラの一種ですがトゲが無く、八重咲きでほとんど実は出来ません。当園の株は高さ約5メートルに達し樹齢20年を超えています。


posted by 京都府立植物園 at 09:00| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

第22回フクシア展開催!!

Fuchsia x hybrida.JPG
観覧温室のジャングルゾーンでは、明日からフクシア展を開催します。
フクシアは、中南米と西インド諸島を中心に分布しており、英名のLady's-ear-drops(貴婦人の耳飾り)のとおり、あでやかな花姿が魅力です。
暑さや寒さに弱く一般家庭で年間を通じて栽培することは容易ではありません。
今回はハンギングの大鉢を中心に展示しています。会期は5月12日の日曜日まで。
posted by 京都府立植物園 at 19:31| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

植物展示場でサクラソウとイセナデシコの展示を行っています。

府立植物園:サクラソウ展示場.jpg府立植物園:イセナデシコ.jpg

ただいま竹笹園東側にある植物展示場で、サクラソウとイセナデシコの展示を行っています。
サクラソウは、サクラソウ科サクラソウ(プリムラ)属の多年草で、江戸時代中期から末期にかけて江戸を中心にさかんに栽培されました。医師であり博物学者であったドイツ人のシーボルトがヨーロッパにこの花を紹介したことから、サクラソウにはプリムラ シーボルディー Primula sieboldii という学名がつけられています。

イセナデシコは、ナデシコ科ナデシコ(ディアンツス)属の多年草で、花弁が細く裂け、下へ垂れる花姿が特徴の古典園芸植物です。江戸時代に現在の三重県松阪市を中心に品種改良されたため、伊勢撫子の名があります。伊勢ギク、伊勢ハナショウブと並び伊勢三珍花として知られ、どれも花弁が優美に垂れる姿を楽しみます。

サクラソウもイセナデシコも江戸時代の園芸文化をを代表する花です。
春爛漫の植物園へ、遠い時代の春の息吹を感じにいらしてはどうでしょうか。
posted by 京都府立植物園 at 09:00| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

コンブレツム・グランディフロルムが開花中!

京都府立植物園:コンブレツム.jpg

観覧温室のジャングルゾーンではコンブレツム・グランディフロルムが見頃です。
西アフリカ原産のつる性低木で、シクンシと同じシクンシ科です。
開花時は花序付近の葉も赤くなり、とても美しいのですが、
つるは自由気ままに巻きつき、しかも硬くなるのですごく厄介です。
・・・隣の月桃がかわいそうです。
posted by 京都府立植物園 at 14:54| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

シャクナゲのそっくりさん!?

Rhodoleia championii.JPG
観覧温室出入口の右横にあるシャクナゲモドキ(マンサク科)が見頃を迎えています。
原産地は中国南部で、寒さにやや弱いのですが、温室前で元気に育っています。
和名は、常緑の小高木で樹性がシャクナゲ(ツツジ科)に似ていることから由来し、学名のロドレイア(Rhodoleia)は、ギリシャ語でバラ(rhodon)と滑らか(leios)の意味があります。
posted by 京都府立植物園 at 18:01| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。