2013年06月18日

観覧温室リニュアールにむけて3

UNDER CONSTRUCTION.JPG
観覧温室のリニューアル工事に入ってはや2ヶ月、いよいよ建物ができあがってきました。
写真は、昼夜逆転館(仮称)の北側からの外観です。

空梅雨で大変な猛暑の中ですが、8月のオープンに向けて着々と準備がすすんでいます。
posted by 京都府立植物園 at 18:51| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

四季 彩の丘でハスの花が咲き出しています

府立植物園:ハスの花.jpg
四季 彩の丘でハスの花が咲き出しています。これからさらに咲き出す品種が増えていきます。あじさい園や半木の池のハスはまだ開花していませんが、かなり大きなつぼみもあり、6月中には一番花がご覧いただけるはずです。写真は舞妃蓮です。
posted by 京都府立植物園 at 09:00| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

第4回京都府立植物園夏の洋ラン展を開催中!!

府立植物園:第4回夏の洋ラン展) (1).jpg府立植物園:第4回夏の洋ラン展) (2).jpg

 6月6日(木)から夏の洋ラン展が始まりました。期間は10日(月)までの5日間で、会場は当園・植物園会館一階の展示室です。
 京都洋ラン研究会の皆さんが育てられた夏咲きの洋ランを中心に120点、また当園が保有する野生種30点を一同に展示しています。京都洋ラン研究会の皆さんが出品された鉢物は厳正な審査を行い、それぞれの賞が決まりました。主な賞の受賞者と植物は、以下のとおりです。
 [最優秀賞]
 ○京都府知事賞
  惣司 捷夫 様
  カトレア・パープラータ‘シュステリアナ’
 [優秀賞]
 ○京都府立植物園長賞
  小西 喜彦 様
  キロキスタ・ルニフェラ
 ○一般財団法人 京都府立植物園協力会長賞
  下神 茂 様
  デンドロビウム・アングレガタム
 
 期間中は、植え替えの実演をしながら栽培などの疑問にお答えする園芸相談を毎日(9日は除く)、午後2時から開催しています。9日(日)には、ランとハーブを使ってミニブーケを作るフラワーデザイン教室『ランとハーブのミニボケー』も行いますので、是非、ご参加ください。

●植え替え講習会
日 時:6月6日(木)〜6月10日(月)の毎日(※9日を除く)
     Pm.2:00〜
場 所:植物園会館 展示室
講 師:京都洋ラン研究会と当園職員
参加費:無料
定 員:15名程度
受 付:当日受付
 
●フラワーデザイン教室『ランとハーブのミニボケー』
日 時:6月9日(日)Pm.2:00〜
場 所:植物園会館 展示室
講 師:藤田惠子 氏
参加費:500円
定 員:20名
受 付:当日受付(※先着順)

 会場には、洋ランを題材として描かれた油絵や水彩画なども飾られ、また、洋ランの即売などもあります。是非、お越しください。



posted by 京都府立植物園 at 08:53| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

ホウガンノキの人工交配

府立植物園:ホウガンノキ(花).jpg府立植物園:ホウガンノキ(人工交配).jpg
 今、ホウガンノキ(Couroupita guianensis)が花の季節をむかえています。ユニークな名を持つこの植物は、南アメリカ北部原産でサガリバナ科になります。高さ15〜35mになる高木で一般的には常緑ですが、環境条件により落葉します。花は60〜90cmの花序につき、直径10cmほどの紫紅色をした美しい花を咲かせ、芳香があります。花後には直径15〜20cmの果実をつけ、砲丸のようにみえることから、この和名があります。原産地では果実を容器などに利用し、油分に富む種子は食用とします。
 当園にはジャングルゾーンとアナナス室に各1本、計2本が植栽されており、ともに開花するサイズに育ち、毎年、花を咲かせています。現地では小動物が受粉作業を担いますが、温室の中には花粉の媒介者がいないため、何もしなければ、実はなりません。そのため、人工授粉を行う必要があり、花の季節には毎日、職員がホウガンノキにはしごをかけ、地上3〜5mに咲く花を目指します。花が咲いていていたとしても、花粉がでているとは限りません。その日の温度や湿度により、花粉のでる時間帯が大きく左右されるからです。花粉がでていなければ人工授粉は行えず、交配できるベストな状態に遭遇するためには、少なくとも1日に3〜5回、はしごののぼりおりを繰り返すことになります。よい香りが漂い始めれば、花粉のでているサインです。花の見頃は、6月中旬までになりますので、是非、美しい花をお楽しみください。
 5月中旬から行ってきた人工交配の成果は、真夏頃に砲丸に似た果実となって現れます(現在、ご覧いただいている果実は、昨年、結実したもの)。今年はいくつの果実が実ることでしょう。
posted by 京都府立植物園 at 09:00| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

ドラクンクルス ウルガリス開花終了です

府立植物園:ドラクンクルス.JPG
24日金曜日に開花したドラクンクルス ウルガリスですが、三日間で開花終了です。24日には周囲に悪臭が漂い、花にはハエが群がっておりましたが、25日土曜日には花に鼻を近づけないと臭いを感じないようになっていました。本日26日日曜日には全く臭いがなく、ハエも見かけることはありませんでした。写真の通り棒状の肉穂花序はご覧頂けますが、周りを包む仏炎苞は後ろに倒れてしまっています。
posted by 京都府立植物園 at 18:53| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

震災復興応援チャリティバザー開催中!

bazar.JPG
 本日から植物園の生涯学習ボランティア「なからぎの会」による第3回目の東日本大震災復興応援バザーが始まりました。
 草花や木の苗のほか、絵はがき、エコバッグ、古本、葉っぱのしおり、ヒマラヤシーダのブローチなど色々な品物が販売されています。
 バザーの売上金と募金はすべて被災地へ寄付されます。
 場所は、芝生広場北側の特設屋形です。
 時間は、25日(土曜)午前10時〜午後4時、26日(日曜)午前10時〜午後3時まで。
 お早めにどうぞ。
posted by 京都府立植物園 at 13:54| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

<速報!>ドラクンクルス ウルガリスが咲きました!

IMG_4638.jpg
四季 彩の丘にて、ドラクンクルス ウルガリス Dracunculus vulgaris が開花しました!!
ドラクンクルスは地中海原産のサトイモ科の球根植物です。その奇妙な花姿から「ドラキュラのマント」という名前で呼ばれていたこともあります。
しかもこの花はとにかく臭い!!人によっては生ゴミの臭いという人も・・・。ドラクンクルスはこの臭いを放つことでハエを呼び集め、花粉を運んでもらいます。
また花はおよそ3日ほどで終わってしまいます。
この奇妙な臭い花をご覧になりたい方は、いますぐ四季彩の丘へお越しくださいっ!!
posted by 京都府立植物園 at 10:11| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

イチベンバナが咲いています!

京都府立植物園:イチベンバナ.jpg

観覧温室のジャングルゾーンではイチベンバナが咲いています。
幹から直接花茎が出て、黄色の花を咲かせます。
これだけでも十分変わっていますが、
花弁が1枚だけしかないので一弁花なのです。
あとの4枚は退化しているようです。
posted by 京都府立植物園 at 10:00| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

第40回サボテン展開催中!

saboten2013.JPG
昨日から第40回目のサボテン展がはじまりました。
今回のテーマは多肉植物の中でも人気の「アロエ属」です。
京都シャボテンクラブ会員力作のサボテンや多肉植物約300点も展示されています。
会場は植物園会館1階展示室、会期は19日(日曜日)まで。

また、第40回を記念して、以下の講演会を予定しています。
サボテン栽培に興味のある方、必見です。

<植物園教室>
日時 5月19日(日曜) 午後1時30分〜午後3時
内容 「シャボテンの栽培法」
    講師:村主康瑞(すぐりこうずい)氏
会場 植物園会館 2階 研修室
参加者には、先着で多肉植物のプレゼントがあります。
大勢のご参加をお待ちしております。
posted by 京都府立植物園 at 07:00| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

お待たせしました バラが見頃を迎えます

新しいバラ花壇.jpg イングリシュローズ ‘ガートルード ジェキル’.jpg

 今年は開花が少し遅れていたバラ、まだかとの問い合わせが多くありましたが、ここ数日の気温の上昇と共にようやく咲いてきたなと思えるようになってきました。
 今年はバラ園のレイアウトが少し変わりました。これまで東端にあったイングリッシュローズが無くなったと思われた方、ご安心ください今年からは西端のこれまで草花花壇だったところに移植され健在です。その他、新植の品種には、オールドローズや最新の品種、フレンチローズなど新たな見所となると思います。来週頃からが一番の見頃となると思いますので、ご期待ください。
posted by 京都府立植物園 at 19:01| 植物園最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。